J・TECが3日ぶり急反騰、経済産業省の「再生医療等産業化促進事業」採択を好感

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.T>が3日ぶりの急反騰。2日の取引終了後、経済産業省が公募した2013年度の「再生医療等産業化促進事業」に、同社が申請した「自家培養表皮・自家培養軟骨を対象とした再生医療産業化促進のための製品実現プロセスの検証と合理的製造方法・評価方法の確立」が採択されたと発表したことが好感されている。経済産業省の「再生医療等産業化促進事業」は、再生医療製品の安全性や有効性などに関する合理的な評価手法を開発し、実用化基盤を整備することが目的。今回の採択により、J・TECは約2億6000万円を上限に委託業務の実施に要した経費を委託金として受け取ることになる。
 なお、14年3月期業績予想に今回の件は織り込んでおらず、現在改めて影響を精査中としている。

J・TECの株価は9時26分現在56万2000円(△5万1000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)