ヤマダS×Lが急反騰し値上がり率トップ、ヤマダ電機の住宅リフォーム事業拡大報道を好感

 ヤマダ・エスバイエルホーム<1919.T>が急反騰し、10時8分時点の東証1部値上がり率トップとなっている。きょう付の日本経済新聞で、親会社のヤマダ電機<9831.T>が住宅リフォーム事業を拡大すると報じられたことを受けて、業容拡大期待が高まっているようだ。記事によると、ヤマダ電機が専用売り場を従来の2倍に広げた新型店を月内に出店し、今後のモデルに位置付け順次広げるとしている。これにより、ヤマダ電機の15年3月期の住宅関連事業の売上高構成比を15%前後に引き上げ、テレビ・レコーダーやパソコンを逆転する見込みとしており、親会社の販売強化に伴う需要の増加が期待されている。

ヤマダS×Lの株価は10時8分現在172円(△28円)
ヤマダ電機の株価は10時8分現在270円(▼13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)