<前場の注目銘柄>=ジェコス、東京五輪開催で需要拡大へ

 ジェコス<9991.T>の押し目は狙い場だろう。PBR0.8倍台と割安感も強く、上値余地の大きさが感じられる。

 同社は、JFE系の重仮設鋼材リースの大手。ビルや道路などの基礎工事に欠かすことのできない建設仮設工事や山留工事を専門領域としており、業界トップクラスの品揃えと保有量が強み。

 第1四半期(4~6月)は、前年同期に震災で中断していた工事案件が動き出した反動で大幅減益に終わったものの、復興需要と首都圏の再開発で事業環境は良好で、保守的過ぎる14年3月期予想(営業利益9.2%減)は上振れの公算が大きい。

 東京五輪開催に向けたインフラ整備で一段の需要拡大とリース価格上昇にも期待が持てる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)