ジャムコが連日の年初来高値、下期787関連需要に期待

 ジャムコ<7408.T>が全体軟調相場に抗して連日の年初来高値。同社はボーイングとエアバスの世界のツートップを主要ユーザーとし、旅客機用化粧室で世界トップシェアを誇るが、ここ拡大傾向を強めるジェット旅客機の需要が同社に大きな追い風となっている。経済成長にともないアジアをはじめ新興国の航空機需要が増勢となっているほか、先進国でも燃費改善などを背景に更新需要が発現している。新型旅客機の開発が活発化するなかで、業績拡大期待から継続的な買いが観測される。今下期はB787関連需要が膨らむ見通しにあり通期4%程度の営業増益を確保、また787関連の開発費償却が緩和される来期は増益率がさらに高まる可能性がある。

ジャムコの株価は10時25分現在1365円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)