三井物産が下げ渋る、西豪州ローブ・リバージョイントベンチャー鉄鉱石積出港拡張工事フェーズ1が完工

 三井物産<8031.T>が下げ渋っている。前日まで5日続落していたことから買い戻しが入っているようだ。2日に世界有数の鉱物資源会社リオ・ティント社と共同運営している西オーストラリア州鉄鉱石事業ローブ・リバージョイントベンチャーで、鉄鉱石積出港ケープ・ランバート港の拡張工事フェーズ1が完工したと発表した。年間出荷能力は8600万トンから1億3900万トンに拡大、立上げ期間を経て14年上期にフル出荷体制が整う。さらに、2億900万トンに拡張するフェーズ2は15年上期中の初出荷を目指している。

三井物産の株価は10時58分現在1396円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)