上値は重たいが突っ込み売りは避けたい。アジアが朝から売って下がるケースは少ない。

引き付けてドル円、クロス円は売りだが、下値固まれば買い場探しも可能か?
昨晩の概況

ドル円は午後7時にかけて戻した時も97.55-60の戻り売りがきつく5分足の雲に上値を止められて下落、安値は97.15までタッチしています。ユーロドルは1.3608まで吹き上がる展開で、ADP悪化のドル売りと97.25が切れて更に深堀りしたかったインターバンクのドル売りが重なった感じ。同じようなタイミング(22:12)でレッタ政権が上院で信任を獲得と報じられてユーロが買い戻されたこともドル売りにつながった。ただし97.15から下には押しこめず午前1時過ぎに一目均衡表5分足雲上限を越えて損切りで97.57まで午前2時半に上昇しています。ここでも97.60には触れずに反落し97.36でNYは引けています。97.50台は昨日午後7時、午後9時過ぎ、午前2時半と3回やりましたが、いずれも97.60には届かず反落しています。朝方は97.30は割れず、97.312が安値ビッド、今は97.40台後半まで上昇、5分足の雲の上限に絡んで推移中。
とても昨日のユーロを見てもドル買いしようとは思わず、連邦債務上限引き上げ失敗、デフォルト懸念が頭をよぎります。まさかそんなバカな事にはならないと思うのですが、カーニー報道官も言っていたように「デフォルトのインパクトは壊滅的となろう」事は誰の目にも明白で、デフォルトとなったら債券市場を始め世界の金融市場が大パニックになるのは判り切っています。ただしどのように協議が進むのかやはりドル買いするのは今のセンチメントでは難しい。特に円売りポジションが大きく膨らんでいる今は。従って市場ポジションは今日もドルショートっぽいから97.60越え、97.70越えにはストップがある可能性がありますが、97.80から98.00には新規の戻り売りががっちり上値を抑える展開でしょうか?やはり売りから参入したい。
リード民主党上院院内総務(ベイナー下院議長に対し)上院は事態打開に向けた協議を提案している。オバマ大統領は予算協議での共和党の戦略に不快感を示す」
ベイナー議長「オバマ大統領と上院民主党が見解の対立解消に向けて真剣に協議することを望む」 
果てしない泥仕合・・時間だけが過ぎ去っていきます。大丈夫でしょうか・・・・。


ドル円 売りだが
ドル円は 売るんだったら、97.700、97.800で、利食いは97.450以下、97.350レベルで。朝方97.274まで突っ込んで、今は97.35近辺で揉んでいるがあまり売りたい水準ではない。東京勢が朝方から突っ込むとかなり高い確率で夕方巻き戻されることから、突っ込んでショートは振りたくない。ADPの数字、雇用統計悪化の思惑、予算交渉進展せず、(債務上限引き上げ期限は今日の材料ではない)は、既にNY時間に判っている事で、新しいものはない。先ほど97.378で売って、97.330で買い戻しをかけたが、何回も97.30台を売りたいとは今は思わない。底打ちしたら極短期では買い場探しでも取れそうな感じ。その場合にはもっとショートが溜まるのを待ちたい。

レンジ 97.150(97.250)--97.700(97.850) 作成時 97.278-282 9:16AM


ユーロドル 買いだが
ユーロドルは 1.35750・1.35700で買いから。ストップは1.35550と狭くイメージし、1.36150、1.36300で利食いするような回転を考えます。ただしオーダーは置きません。

レンジ 1.35650(1.35750)--(1.36250)1.36400 作成時 1.35852-859 9:31AM


ユーロ円 売りだが
ユーロ円は132.15レベルの揉み合いが続いているが、確かに132.40も重たいし、132.25でも売りが入っていたが、どうも売りたくない。売るんだったら、132.600、132.700を待ちたい。ストップは132.850に置きながら、売れたら132.200で利食いたい。(今は132.17のコメントなのにおかしいですね・・・。)本来なら買いたい水準ですがドル円以外に手を広げるのもリスクが大きいから止めておきます。

レンジ 132.050(132.200)--(132.600)132.750 作成時 132.183-192 9:49AM

ストップを132.950に引き上げています。