イオンファンが大幅高、第2四半期業績は堅調で海外展開も評価

 イオンファンタジー<4343.T>が大幅高。2日、2014年2月期第2四半期(3~8月)の連結業績を発表し売上高は239億6900万円(前年同期比9.4%増)、純利益は8億2200万円(同11.4%増)と増収増益だった。国内既存店が堅調だったほか、海外売り上げが大幅に伸びた。また、新規出店のコスト増を売り上げ拡大と販管費の抑制で吸収した。SMBC日興証券は2日、「上期決算は想定内」としたうえで、2015年2月期末の直営店舗数の計画が従来の140店舗から145店舗に引き上げられたことに関しては「ポジティブ」要因と指摘。投資評価の「1」と目標株価1850円を継続している。

イオンファンの株価は11時30分現在1396円(△67円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)