沢井製薬が年初来高値、社会保障制度改革の必要性高まりジェネリック医薬品にニーズ

 沢井製薬<4555.T>が年初来高値を更新した。消費税増税が決まり、社会保障制度改革の必要性が高まるなか、ジェネリック医薬品へのニーズがさらに強まるとの見方が買いの根拠になっているようだ。ジェネリック医薬品は国の販売促進政策により大幅な伸びが続いており、足もとの業績は上振れが観測され、9月27日現在の信用倍率は2.1倍と好需給も買い気を誘っている。

沢井製薬の株価は14時9分現在7220円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)