日本電産が反発、自動車好調で車載向け電子部品に追い風

 日本電産<6594.T>が反発。北米や新興国市場では自動車販売が好調な伸びを示しており、国内自動車メーカーはその追い風を受けているが、車載向けに電子部品を手掛ける企業群にも収益面での恩恵が及んでいる。今後は、ハイブリッドカーや電気自動車などエレクトロニクス化が一段と進むことで、車載向け電子部品メーカーにとって事業機会の拡大が続く。
同社は車載向けモーターを手掛け、北米、アジア、欧州の3極体制を構築している。モジュール化など付加価値対応にも余念がない。株価はここ見直しの動きにあり、きょうは外国為替市場で1ドル=97円70~80銭近辺の推移と足もと円安傾向に振れていることも、プラス材料となっている。

日本電産の株価は14時47分現在8120円(△90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)