日建工学が6日ぶりに反発、低位建設株関連株物色の流れに乗り見直し買い集める

 日建工学<9767.T>が6日ぶりに反発。景観・環境、消波ブロック、土木シートが事業の3本柱で、首都圏インフラ再整備を手掛かりにした低位建設株関連株物色の流れに乗り、見直し買いを集めている。今3月期の連結経常利益は収益急回復を見込むことも買い気を誘っているようだ。

日建工学の株価は14時55分現在216円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)