<動意株・3日>(大引け)=タカラトミー、GSIクレオス、イオン北海など

 タカラトミー<7867.T>=急反発。3日の午前中に、任天堂<7974.T>の「ニンテンドー3DS」向けに人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの最新作が発売するのに合わせて、「ポケモン」の立体図鑑フィギュア「モンスターコレクション(モンコレ)」を新シリーズを発売すると発表しており、これが好感された。「モンコレ」は手の平サイズのフィギュアで、ゲームソフトの発売日である10月12日に日米で初の同時発売。順次世界20以上の国と地域で展開するという。価格は346円からで、今年度700万個の販売を目指すとしており、業績への寄与が期待されている。

 GSIクレオス<8101.T>=商いを大きく膨らませて急動意。同社は、ナノテクノロジーの中心材料である「カーボンナノチューブ」の研究開発で先駆し、製品化に成功していることで、市場ではナノテク関連の一角として注目。10月初旬にノーベル賞発表を控え、思惑材料として個別材料株を物色する動きにある。そうした中、カーボンナノチューブを発見した飯島澄男氏がノーベル賞候補の1人に目されていることから、同分野で実績を擁する同社株に連想買いが流入している。

 イオン北海道<7512.T>=急反発し年初来高値を更新。2日引け後に発表した第2四半期累計(3~8月)単独決算で、売上高770億7200万円(前年同期比3.0%増)、経常利益38億1800万円(同16.7%増)と2ケタ増益となったことが好感されている。18件の店舗活性化を行ったことなどが奏功し、既存店売上高が食品で前年同期比3.9%増、直営合計でも2.4%増と堅調に推移したことが寄与した。

 ヤマダ・エスバイエルホーム<1919.T>=急反騰。3日付の日本経済新聞で、親会社のヤマダ電機<9831.T>が住宅リフォーム事業を拡大すると報じられたことを受けて、業容拡大期待が高まっているようだ。記事によると、ヤマダ電機が専用売り場を従来の2倍に広げた新型店を月内に出店し、今後のモデルに位置付け順次広げるとしている。これにより、ヤマダ電機の15年3月期の住宅関連事業の売上高構成比を15%前後に引き上げ、テレビ・レコーダーやパソコンを逆転する見込みとしており、親会社の販売強化に伴う需要の増加が期待されている。

 イオンファンタジー<4343.T>=大幅高。同社は2日、14年2月期第2四半期(3~8月)の連結業績を発表し、売上高は239億6900万円(前年同期比9.4%増)、純利益は8億2200万円(同11.4%増)と増収増益だった。国内既存店が堅調だったほか、海外売り上げが大幅に伸びた。また、新規出店のコスト増を売り上げ拡大と販管費の抑制で吸収した。

 ITbook<3742.T>=反発。中段三角もち合い上放れを暗示する足をみせている。同社は官公庁向けを主力にITコンサルティングを展開しているが、連結対象とした子会社で動画配信、WEB開発などを手掛け業容を広げている。自治体向けの情報クラウド化関連受注が好調で業績は回復歩調、今3月期経常利益は前期比倍増の8億8000万円を見込む。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)