熊谷組が14年3月期業績予想を上方修正、受注高の増加で完成工事高が想定上回る

 熊谷組<1861.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高2800億円、営業利益26億円、純利益11億円から、売上高3000億円(前期比15.1%増)、営業利益33億円(前期11億6700万円の赤字)、純利益24億円(同10億8300万円の赤字)に上方修正した。受注高の増加などにより完成工事高が従来予想を上回ることに加えて、訴訟事案の解決に伴う計上済み費用の清算などが上方修正の要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)