ユニーGHDが8月中間決算を発表、大幅減収減益に、併せて自社株買いも発表

 ユニーグループ・ホールディングス<8270.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(2月21~8月20日)連結決算を発表しており、売上高5071億3000万円(前年同期比1.2%減)、営業利益148億7300万円(同28.5%減)、純利益50億300万円(同80.8%減)となった。ユニー既存店がPB商品の拡販などが奏功し伸長したが、コンビニエンスストアや専門店の売上高が落ち込んだ。これに加えて、電気代の値上げなどによる水道光熱費の増加や広告費の増加などが利益を圧迫し、前年同期にサークルKサンクスの公開買付けなどによる負ののれん発生益を計上した反動もあって、最終利益は大幅減益となった。
 なお、14年2月期通期(13年2月21~14年2月28日)業績予想は従来予想の売上高1兆298億円、営業利益364億円、純利益167億円から、売上高1兆324億円、営業利益311億円、純利益120億円に売上高は増額したものの、利益を下方修正した。競合環境がさらに厳しさを増すと想定、経費削減に努めても苦戦が予想されるとした。なお、決算期(事業年度の末日)の変更により前期との比較はない。
 また同時に、自社株取得枠の設定を発表。300万株(発行済み株式数の1.29%)、23億円を上限としており、取得期間は10月7日から22日まで。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)