キユーピーの第3四半期純利益は7.3%減

 キユーピー<2809.T>は3日大引け後に13年11月期第3四半期累計(12年12~13年8月)連結決算を発表した。売上高は3951億3400万円(前年同期比4.6%増)、営業利益は181億1100万円(同5.9%減)、純利益は102億7600万円(同7.3%減)と増収減益となった。
 調味料事業やサラダ・惣菜事業などが好調に推移したことで増収となったが、利益面では、主原料である食油価格や鶏卵相場、軽油価格の上昇などの影響を受けた。たまご事業の営業利益は29億1100万円(前年同月比26.5%減)と大きく落ち込んでいる。
 通期の業績については、売上高5200億円(前期比3.0%増)、営業利益235億円(同0.6%増)、純利益125億円(同1.7%増)を据え置いた。海外で中国や東南アジアなどへの本格展開を進めていくことに加えて、国内事業ではネット販売、宅配ルートなど新規の販路拡大を図っていく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)