わらべや反落 8月中間期減益を嫌気、米価上昇や円安などが響く

 わらべや日洋<2918.T>が反落。3日の取引終了後、第2四半期累計(3~8月)連結決算を発表しており、売上高942億5000万円(前年同期比5.2%増)、経常利益29億1600万円(同6.7%減)となったことを嫌気。主要顧客のセブン-イレブン・ジャパンの積極的な出店やチルド商品の販売伸長などが売上高を押し上げたが、米価の上昇や円安の影響などが響き減益を余儀なくされた。
 なお、14年2月期通期業績予想は、売上高のみ従来予想の1880億円から1860億円(前期比6.3%増)へ引き下げたが、経常利益は42億円(同2.1%増)の従来予想を据え置いている。上期の売上高の伸び率が想定を下回ったことが要因としている。

わらべやの株価は9時37分現在1732円(▼47円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)