写真印が続伸 台湾TPKフィルムに出資と発表、折り曲げられるタッチパネル開発促進へ

 日本写真印刷<7915.T>が続伸。この日の朝方、台湾のタッチパネル製造会社TPKホールディングスと、米カンブリオス・テクノロジーズとの共同出資会社TPKフィルム・ソリューションズへ資本参加することに合意したと発表。これを好感する買いが入っている。TPKフィルムの発行新株を625万株(625万ドル)取得する予定。導電材料の銀ナノワイヤーインキの加工技術の開発促進が目的としており、微細な銀線が繊維のように絡み合った素材で柔軟性が高いことから、曲げられる次世代のタッチパネルの開発が進むと期待されている。

写真印の株価は10時2分現在1566円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)