<前場の注目銘柄>=タカラバイオ、業容変貌現実味帯びる

 タカラバイオ<4974.T>が本格反騰に向かってきた。5月上旬に年初来高値4295円をつけてから8月上旬には1812円の半値以下まで売り叩かれ底値を確認。その後じりじりと下値を切り上げてきた。

 9月30日にiPSアカデミアから京都大学山中伸弥教授らが発明したiPS細胞作製方法について、全世界商用ライセンスを取得したと発表したことを受け、一気に戻り足を速めている。

 これで既存のiPS細胞作製方法より安全性の高いプラスミドベクターによるiPS細胞作製受託サービスの提供と研究用試薬の販売が可能になり、今後の業容変貌が現実味を帯びてきた。秋の学会シーズンを迎え一段高に向かいそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)