テレビ朝日が反落、今3月期予想増額も高値更新後の売り継続

 テレビ朝日<9409.T>が反落。同社は3日、大引け後に今14年3月期予想を通期連結売上高で当初計画の2600億円から2620億円(前期実績2537億7400万円)、営業利益で140億円から155億円(同134億1500万円)へ増額修正したが、10月1日に2308円の年初来高値をつけた後とあって利益確定売りでジリ安基調が継続している。ただ、景況感の回復を受けてタイム収入、スポット収入が当初見込みを上回る水準で推移しており、今後好実態を見直す局面はありそうだ。

テレビ朝日の株価は10時8分現在2198円(▼42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)