ソフトバンクは反落、目先達成感から利食い優勢

 ソフトバンク<9984.T>が反落。ここ活況裏に値を飛ばす展開が続き、前日は時価総額で初の9兆円台に乗せ、三菱UFJを抜き、東証1部全銘柄中トヨタに次ぐ2位に浮上した。しかし、きょうは全般地合い悪の中で目先達成感からの売りが優勢となっている。時価総額は足もと8兆8000億円前後まで減少しているが、三菱UFJの時価総額は(8兆7000億前後)引き続き上回って推移している。

ソフトバンクの株価は10時47分現在7330円(▼200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)