ピックルスが急落、今2月期大幅利益拡大見込むも事前の業績予想の上方修正で織り込み済み

 ピックルスコーポレーション<2925.T>が急落、株価は前日比70円安の787円まで売り込まれた。3日取引終了後に発表した今14年2月期の第2四半期(3~8月)は経常37%増大幅増益を達成、通期は経常22%増益を予想したが、今2月期は第2四半期と通期の業績計画を9月30日に上方修正しており、株価に織り込み済みとして利益確定売りがかさんだ。キムチ製品や惣菜製品が好調に推移したことで増収を確保、原料野菜の仕入価格の安定が利益を押し上げている。

ピックルスの株価は11時17分現在817円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)