<後場の注目銘柄>=日新電、太陽光発電とEV向けで躍進

 日新電機<6641.T>は7月16日に763円の年初来高値をつけた後に軟調な展開が続いていたが、520円台では下げ止まる動きとなっている。PBR1倍割れの時価は見直し余地がありそうだ。

 住友電工傘下の電力機器メーカーでディスプレーや半導体製造関連装置など多様な分野に展開。FPD製造用イオン注入装置に加えて、再生可能エネルギーの導入機運が高まるなかで太陽光発電用パワーコンディショナーの受注も拡大、今14年3月期は通期連結営業利益で80億円(前期比13.0%増)と2ケタ増益を見込んでいる。

 電気自動車向けの普通充電スタンド「EVMATE(イーヴィ・メイト)」も注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)