イオンファンが大幅続伸、引き続き増収増益を好感、いちよし経研では投資判断引き上げ

 イオンファンタジー<4343.T>が大幅続伸。2日に発表した第2四半期(3~8月)連結決算で、売上高239億6900万円(前年同期比9.4%増)、経常利益16億8600万円(同6.3%増)と増収増益を確保したことが引き続き好感されているほか、いちよし経済研究所が3日付で投資判断を「B」から「A」に引き上げたことも好感されているようだ。相対的に収益性の低いカードゲームの好調などで、売上高は期初計画(235億円)を超えたが、営業利益は計画(19億円)を1割強下回ったと指摘しているが、第2四半期(6~8月)に入り収益性の高いメダルゲームなどが上向いており、売上高総利益率は改善傾向にあると指摘。また、中国を中心とした海外分野も順調に売上高を伸ばしており、14年2月期の営業利益は会社予想通りの36億円を継続するとしている。株価の下落を受けて投資判断を引き上げたとしている。なお、フェアバリューは2000円を継続。

イオンファンの株価は13時8分現在1495円(△102円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)