省電舎がS高カイ気配、環境省のファンドがバイオガス発電事業に出資と発表で

 省電舎<1711.T>がストップ高カイ気配。この日の午前中に、連結子会社のドライ・イー(東京都港区)と独立系エネルギー事業者で8日にマザーズ市場に上場予定のエナリス<6079.T>が共同で進めているバイオガス発電事業について、環境省が出資するファンド運営の一般社団法人グリーンファイナンス推進機構から1億円の出資を受けることが決定したと発表。これを好感する買いが入っている。
 ドライ・イーとエナリスが共同で進めているバイオガス発電事業は、大手飲料メーカーの受託製造会社である日本キャンパック(東京都千代田区)の群馬工場で進められているもので、工場から出る食品残渣を発酵させて抽出するメタンガスを使い発電する。ドライ・イーは今回の発電プラントの設計・施工を手掛けている。

省電舎の株価は13時25分現在653円(△100円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)