川重が朝安の後プラスに、LNG関連事業の実績を改めて評価

 川崎重工業<7012.T>が朝安の後プラスに転じてきた。きのうまで5日続落し、当面の下値のメドと見られていた25日移動平均に接近したことから買い戻しが優勢になっている。9月30日に日本郵船へ大型LNG運搬船を引き渡すなど、LNG関連事業の実績が改めて評価されているようだ。特に運搬船用主機タービンでは世界トップの生産量を誇り、米国に続きカナダ産シェールガスの輸入が実現することから、今後の受注拡大が期待されている。

川重の株価は13時27分現在398円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)