シャープが5日続落、公募価格の決定近づき空売り膨らむ

 シャープ<6753.T>は5日続落。9月18日に決議された国内外での公募増資の発行価格決定期間は来週の7日~9日に迫っており、売り優勢の値動きとなっている。LIXILグループ<5938.T>などに対する第三者割当増資を含め、1700億円前後の資金調達が見込まれているが、公募増資の決議から株価は約15%下落している。日証金ベースの貸株残高は3日時点で2827万株と9月27日時点から4割増加。カラ売りが急増しているが、公募価格決定とともに買い戻しの動きが出る可能性もある。

シャープの株価は13時40分現在321円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)