ハイブリッドが朝安から切り返す、メガソーラー発電展開を材料視 

 ハイブリッド・サービス<2743.T>が朝安から切り返しプラス圏に切り返している。オフィス用トナー販売を主力としているが、太陽光発電への展開で材料性を内包し、市場関係者の間では特定資金の介入思惑が根強い。同社は福島県郡山市に50メガワットのメガソーラー発電所を建設する方針にあり、メガソーラー発電への本格事業展開が業容を変える材料として注目されている。

ハイブリッド・サービスの株価は14時21分現在3万650円(△850円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)