ダイハツが9日続落、新型「タント」発売も軽自動車税増税を懸念

 ダイハツ工業<7262.T>が9日続落。3日に旗艦車種の軽自動車「タント」をフルモデルチェンジし、全国一斉に発売したが反応はなく、手じまい売りに下値を切り下げる軟調な展開が続いている。15年に廃止される自動車取得税の代替財源として、軽自動車税の増税が検討されていることが懸念材料になっており、スズキ<7269.T>も安い。

ダイハツの株価は14時30分現在1816円(▼31円)
スズキの株価は14時30分現在2316円(▼44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)