7日の株式相場見通し=買い先行も一巡後は上値の重い展開

 7日の東京株式市場は、反発のスタートとなりそうだ。前週末4日の米国株市場でNYダウ平均株価が上昇したことに加え、外国為替市場での円相場が落ち着いた動きをみせていることなどから、買い先行の展開となりそうだ。ただ、買い一巡後は上値の重い展開が予想される。
 前週末4日の米国株式市場は、3日ぶりに反発した。NYダウ平均株価が前日比76ドル高の1万5072ドルと1万5000ドル台を回復した。前日までの急ピッチでの下落への反動もあり、自律反発の動きが強まった。外国為替市場では、現在1ドル=97円20銭台での推移でやや円高・ドル安傾向が強まっている。
 日程面では、8月の景気動向指数、APEC首脳会議(7~8日)に注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)