【買い】ソフトバンク<9984>日米同時発売の新型iPhone,アリババ上場観測など注目材料目白押し!=ライジングブル藤村

【買い】ソフトバンク日米同時発売の新型iPhone,アリババ上場観測など注目材料目白押し!
2月の3500円から当予想欄では一貫して買い予想。2月4日(当時3460円)以降,42回目の買い予想。5月以降の軟調相場の中でも逆行高してきたソフトバンク(9984)はとうとう半年で2倍に上昇!ガンホーの子会社化の影響もあり,今期は営業利益1兆円の大台へ。アリババの上場観測などもあり総合力,安定感でトレーディングには最適。

アリババはソフトバンクが37%の持ち分を有し、時価総額10兆円とされる今年最大級のIPO。上場本決まりとなるか要注目。

9月20日(金)からiPhone5s,5eの販売の開始。米国スプリントも販売開始!

ソフトバンクは日本,北米で新型iPhoneを発売開始。

国内ではNTTドコモのiPhoneへの参入により,競争の激化が予想されますが,発売直後はソフトバンクが大きくリード。北米でも子会社のスプリントを通して販売。北米,日本という二大マーケットを抑えている強みは大きく,今後の動向に再び注目したい。

特に米国展開の進捗は今後の最大の注目点。

今後のソフトバンク株は米国展開の不透明感が払拭できるかどうかが鍵を握りそう。

大化け銘柄による値幅取りとソフトバンク株のような堅実投資、両面を睨むのが正解か?