TYOが続落で始まる、東証2部市場に市場変更発表も需給悪化を懸念

 ティー・ワイ・オー<4358.T>が続落して始まった。前週末4日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて10月25日付で東証2部へ市場変更することになったと発表したが、東証2部ではインパクトに乏しいうえ、同時に2953万1000株の売り出しとオーバーアロットメントによる売り出し400万株を実施すると発表したことから、需給悪化懸念が生じているようだ。
 また、14年7月期の期末一括配当を普通配当3円に記念配当3円を加えて6円(前期3円)にするほか、14年1月31日時点の株主に対して、保有株式数に応じて記念優待のクオカードを贈呈するとも発表したが、これに対する反応は限定的。500株以上保有で1000円相当(通常優待と合わせ2000円相当)、2500株以上保有で同3000円相当(同6000円相当)、5000株以上保有で5000円相当(同1万円相当)を贈呈するという。

TYOの株価は9時9分現在169円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)