ユニオンツールが急反発、第3四半期大幅増益と自社株買い発表を好感

 ユニオンツール<6278.T>が急反発。前週末4日の取引終了後に発表した第3四半期累計(12~8月)連結決算で、売上高133億5600万円(前年同期比9.5%増)、経常利益17億3700万円(同77.2%増)と大幅増益を達成したことが好感されている。国内向けが超硬エンドミルなどの新製品の投入効果で大幅増益となったことに加えて、円安効果が利益を押し上げた。なお、13年11月期通期業績予想は売上高178億5000万円(前期比10.1%増)、経常利益21億6000万円(同57.7%増)の従来予想を据え置いている。
 同時に自社株取得枠の設定を発表したことも好感されている。50万株(発行済み株式数の2.46%)、13億円を上限としており、取得期間は10月7日から来年3月31日まで。

ユニオンツールの株価は9時16分現在2183円(△138円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)