電業社が反発、サウジ石油化学設備向けポンプ36台受注と報じられる

 電業社機械製作所<6365.T>が反発。きょう付の日刊工業新聞で、世界最大級の大型石油コンプレックスを建設するサダラプロジェクト計画向けに、冷却水供給ポンプ「両吸込渦巻ポンプ(DF)」を36台供給すると報じられたことを材料視。記事によると、同プロジェクトを進めるサウジアラビア国営石油企業のサウジアラムコと米ダウケミカルカンパニーの合弁会社「サダラケミカルカンパニー」から受注したとしており、受注額は約20億円に上るという。これによる業績への寄与に加えて、今後の需要拡大への期待も高いようだ。

電業社の株価は11時17分現在1619円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)