イズミが続伸、好業績と自社株買い評価の買い続く

 イズミ<8273.T>が前週末の急伸の余勢を駆って続伸。一時前日比75円高の3115円まで買われ、7月22日の年初来高値3210円を視界に捉える強調展開をみせた。同社は山陰地方を地盤とするスーパーだが、商品ラインアップ見直し効果が功を奏し売り上げ拡大基調、前週3日に発表した13年3~8月期連結業績は、最終利益が前年同期比17.4%増の91億7100万円と好調だった。また同日に自己株式を除く発行済み株式総数の2.7%に相当する200万株、63億円を上限に自社株買いを発表しており、これによる株式需給関係の改善を評価する買いが引き続き優勢となっている。

イズミの株価は13時6分現在3070円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)