兼松エレクが反発、デルとの協業を評価

 兼松エレクトロニクス<8096.T>が反発、一時前日比75円高の1318円まで買われた。この日、同社とデルがオープンなネットワーク環境の市場拡大へ向けた協業を開始することを発表したことが注目されている。近年、課題となっている企業やキャリア、データーセンターなどで複雑化している管理の煩雑さや構成変更時の作業工程の増加に対応するもので、今後の動向が注目される。

兼松エレクの株価は14時16分現在1254円(△11円)
 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)