パルコが堅調、第2四半期最終利益は47%増

 パルコ<8251.T>が堅調。全体軟調相場の中で、株価は一時、前週末比29円高の957円まで買われている。同社は7日午後0時30分に14年2月期第2四半期累計決算を発表。売上高は1294億100万円(前年同期比0.8%増)、営業利益は59億2600万円(同22.0%増)、純利益は32億8000万円(同46.6%増)の増収大幅増益となった。
 同社では「足もとの好業績について主に2点あり、第1点目は前年度に始まった優良会員カードが今期に入って収益に寄与し始めたこと、第2点目は渋谷パルコ40周年を記念した営業企画などが売り上げを押し上げたことで増益となった」(広報担当)としている。
 同時に14年2月期通期の業績修正を発表。売上高は従来の2714億円から2679億円に下方修正したものの、営業利益は118億円から122億円へ(前期比12.7%増)、純利益は60億円から63億5000万円(同24.9%増)へ上方修正した。

パルコの株価は14時15分現在946円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)