ファミリーマートが5日続落、イズミヤとコンビニとスーパーを融合した新業態店出店も反応鈍い

 ファミリーマート<8028.T>が5日続落。前週末にイズミヤ<8266.T>とコンビニエンスストアとスーパーマーケット双方の機能の兼ね備えた新業態店「ファミリーマート×イズミヤ寺田町東店」を10月29日に開店すると発表したが、反応は鈍く相場全体の地合い悪化に伴う手じまい売りに上値の重い展開が続いている。新業態はコンビニエストアの利便性とスーパーマーケットの品揃えを融合、ワンストップショピングを実現することをコンセプトにしており、店舗フォーマットを構築する実験を寺田町東店と14年に出店する2店舗で実施する。

ファミリーマートの株価は15時現在4010円(▼25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)