日電線の3~8月期業績修正、今2月期通期予想は最終利益のみ増額

 日本電線工業<5817.T>が7日、13年3~8月期の業績予想(単独ベース)の修正を発表した。売上高は従来予想の21億5000万円から21億1700万円に若干下方修正したものの、営業利益は2500万円から4000万円に、最終利益は2000万円から6100万円にそれぞれ増額している。なお、14年2月期通期見通しについては、最終利益見通しのみ修正、従来予想の1億1000万円から1億7000万円(前期実績2億4300万円)に増額している。利益面では前期に実施した生産拠点の集約による効果が発現した。また、通期見通しについては繰延税金資産や法人税等調整額の計上見込みに伴い最終利益予想の増額に反映した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)