OKIが大幅反発、9月中間期最終利益は一転10億円の黒字を確保と報じられる

 OKI<6703.T>が大幅反発。きょう付の日本経済新聞で第2四半期累計(4~9月)の連結最終損益は10億円程度の黒字(前年同期は67億円の赤字)になったもようだと報じられたことを好感。会社予想は25億円の赤字であり、記事通りならば一転して黒字転換となる。記事によると、中国向けのATM事業などが堅調なほか円安が寄与したという。また、14年3月期通期の業績も上振れするもようで、期末には3円配を実施して8期ぶりに復配する見通しだとしている。

OKIの株価は9時20分現在187円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)