サニックスが5日続落、9月の連結売上高56%増と大幅増収も反応限定的

 サニックス<4651.T>が5日続落。7日の取引終了後に発表した9月の連結売上高が前年同月比56.2%増の52億6000万円と大幅増収となったものの、株価の反応は限定的のようだ。太陽光発電などエスタブリッシュメントサニテーション(ES)事業が同2.4倍の6億1900万円に拡大したことが牽引。このほかでは、廃棄物リサイクルシステムなどの環境資源開発事業は前年同月並みの13億4400万円を確保したが、シロアリ駆除などホームサニテーション(HS)事業は同39.9%減の9億1700万円と大きく減少した。ただし、今期より加わった新セグメントの産業用太陽光発電システムなど産業用PV事業23億8000万円が寄与し、大幅増収を達成した。

サニックスの株価は9時29分現在1006円(▼59円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)