フジしっかり、第2四半期最終利益は14%増

 四国最大手のチェーンストアーフジ<8278.T>はしっかり。同社は7日に14年2月期第2四半期累計(3~8月)決算を発表。売上高は1557億2400万円(前年同期比0.3%減)、最終利益は11億7500万円(同13.8%増)となった。
 総合小売業では、3月から電子マネー機能を搭載した新カード「エフカ」の発行を開始し、既存カードからの切り替えと新規発行により8月末時点で、約125万人まで利用者が増加。特に電子マネーについては当初計画を大幅に上回る利用状況となるなど堅調に推移している。
 なお、通期業績見通しについて、売上高は3150億円(前期比0.5%増)、最終利益は22億円(同24.6%増)を据え置いている。

フジの株価は10時17分現在1712円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)