ドル円、クロス円ともに戻り売りだが、ショートが溜まりやすいので注意。

米予算協議の進展なく、時間の経過とともにドルは切り下がる可能性が高い。
昨晩の概況

おはようございます。朝散歩に出かける前にドル円は5時15分ごろで既に96.75近辺。散歩から戻ってきたら96.67安値を既にタッチした後でした。NY時間に入ってしばらく96円台後半で止まっていたドル円でしたが、期間半年ぐらいの債務上限引き上げのつなぎ法案が提出されるとかいう噂が流れたとかで、97.22まで跳ねましたが、単なる噂だったようで、ほどなく再び96.85へ。朝5時過ぎに96.80が割れて安値を更新し、たった今96.60も割れています。連日、米暫定予算協議の進展がないまま時間が過ぎるとドル売りが次第にきつくなりますね。連邦債務上限引き上げの期限もどんどんと近づいてくるし。ドル円の反発は自分が先週考えていたよりもかなり弱いです。95.80を目指してしまう動きが強まってしまいますね、これでは。96.723にあった200日移動平均線も一発で切ったし。今日は昨日底固かった96.85近辺が重たくなり始め、97.00、97.15-20と抵抗線がいっぱい引けそうな感じです。サポートは96.50という心理的なラインが割れたら95.80まで実ははっきりしたサポートは見当たりません。



ドル円 売り
ドル円は上値が重たく、戻り売りからだが、米予算協議の進展がない条件で。売ってもずっとは引っ張れないからこまめに買い戻す方針。96.80-85でまずは売って様子を見る。当初、97.250でストップを考えたが、ここまでショートを引っ張らず、買いが何かの理由で強くなったら、一旦ショートは97.050当たりで切って97.200アッパーでもう一回売り直しを図った方が良さそうです。

レンジ  96.400(96.550)--(96.850)97.000 
作成時 96.640-644 8:41AM 


ユーロドル 引き付けて買い
1.35500以下、1.35350で引き付けて買いから参入する。ストップは1.35050に置きながら、1.36100、抜けて1.36250で利食いするような回転をイメージしています。

レンジ 1.35200(1.35500)--(1.36050)1.36250 
作成時 1.35793-800 8:55AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は131.530、131.680で売りから。ストップは131.850アッパーで考えて、利食いは131.050、130.950で買い戻すイメージ。

レンジ 130.950(131.050)--(131.550)131.750 
作成時 131.348-357 9:07AM