吉野家が9日続落、今期の下方修正を引き続き嫌気

 吉野家ホールディングス<9861.T>が9日続落、軟調な動きが続いている。4日付で今14年2月期予想を連結営業利益で当初計画の30億円から16億円(前期比14.8%減)と大幅に下方修正しており、業績悪化を引き続き嫌気する動きとなっている。同社では、築地1号店で提供していた、具が大盛のごはん並盛りバージョンである「アタマの大盛」を10日から定番化して全国で販売することも発表している。新メニューなどによる既存店のテコ入れ効果が注視される。

吉野家の株価は11時21分現在1083円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)