アクロディアが続落、前3月期増額も営業赤字継続を嫌気

 アクロディア<3823.T>が続落。同社は7日、大引け後に前13年8月期の通期予想を連結売上高で当初計画の41億9000万円から43億1200万円(前期実績29億6100万円)、営業損益で1億1700万円の赤字から7700万円の赤字(同5億7600万円の赤字)へ増額修正している。ソーシャルゲーム「サッカー日本代表2014ヒーローズ」が好調に推移、EC事業では案件ごとの収益性改善により、利益が計画を上回っているが、営業赤字を脱却できない状況が続いていることが、不安感を拭えない状況になっているようだ。9月18日からは、同社初の野球ゲームとなる「野球しようよ♪ガールズスタジアム」を国内で配信開始するなど新ゲームによる今後の利益浮上が待たれる。

アクロディアの株価は11時24分現在4万7000円(▼2550円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)