東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は続落、ファーストエスコが値崩す

 8日午前の東証マザーズ指数は前日比17.52ポイント安い786.45と続落した。
 ファーストエスコやインタアクション、ネットイヤー、ジーエヌアイ、ASJが値を崩し、コネクトHD、ナノキャリアも安い。半面でREMIXや関門海、メディビック、DDS、アスカネット、オークファンが大幅高、アルデプロ、メディアシークも高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)