熊谷組が急反発、調整一巡期待からの買い流入も

 熊谷組<1861.T>が急反発。朝方は小安く始まったが、後場に入り一時、前日比22円高の231円まで買われている。8日付の日本経済新聞は清水建設<1803.T>の宮本洋一社長の発言として、東京五輪の関連工事が本格化する3~4年後には「連結ベースで1500億円程度の増収が見込める」との見通しを伝えた。これを受け、東京五輪関連の需要への期待が再燃し低位建設株を中心に買いが流入している。熊谷組の株価は、9月27日の260円高値から7日の205円まで20%強下落しており、調整一巡期待からの買いも流入している。

熊谷組の株価は13時3分現在229円(△20円)
清水建の株価は13時3分現在454円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)