グリムス、FESCOは急反落、エナリス上場で材料出尽くし 省電舎はS高

 グリムス<3150.T>、ファーストエスコ<9514.T>など新興株市場の省エネ関連株が急反落している。この日にマザーズ市場に上場したエナリス<6079.T>の類似企業であることから人気化していたが、エナリス上場で材料出尽くし感が強まったもよう。
 一方、同じく類似企業としてにぎわった省電舎<1711.T>は連日のストップ高。4日に、連結子会社のドライ・イー(東京都港区)とエナリスが共同で進めているバイオガス発電事業について、環境省が出資するファンド運営の一般社団法人グリーンファイナンス推進機構から1億円の出資を受けることが決定したと発表しており、引き続きこれを好感した買いが入っているようだ。

グリムスの株価は13時39分現在1119円(▼261円)
FESCOの株価は13時39分現在4万7950円(▼6050円)
省電舎の株価は13時39分現在903円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)