アイフルが反発、投げ売り一巡で突っ込み狙いの買い流入

 アイフル<8515.T>が反発。同社は9月末の株主を対象に1株を2株にする株式分割を実施したが、分割後株価となった9月26日以降は一貫して下値模索の展開となり、約2週間で下落率は直近安値まで18.7%に達していた。信用取組は大幅に買い長で追い証発生による投げも下げを助長したが、目先は短期資金が満を持して再攻勢、突っ込み警戒感からの買い戻しも利いてリバウンドに転じている。業績は再建途上で継続前提に重要事象が付記されているが、貸付残高の減少には歯止めがかかっている。

アイフルの株価は14時01分現在453円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)