日農薬が堅調、TPP関連で農業分野の中軸銘柄

 日本農薬<4997.T>が堅調。安倍政権は成長戦略の一環としてTPPへの交渉参加を決めたが、それに伴い国内農業への政策支援が期待されている。そのなか、同社は関連中軸銘柄として注目。13年9月期は過去最高利益更新見込みで、収益変化率の大きさでも目を見張る。13年9月期連結業績で売上高は従来予想の450億円から475億円(前期比12%増)に、経常利益は同54億円から71億円(同82%増)に大幅増額している。年間配当も従来計画していた年9円を13円に4円も上乗せするなど株主還元にも前向き。14年9月期も海外輸出が牽引して増収増益基調が続きそうだ。

日農薬の株価は14時32分現在1008円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)