OSGの第3四半期営業益は2割減益、単独業績は増額修正

 オーエスジー<6136.T>は8日、2013年11月期第3四半期(12年12月~13年8月)の業績を発表した。同期の連結業績は売上高が前年同期比0.2%増の643億3800万円、営業利益は同21.0%減の89億4400万円だった。精密切削工具の需要は回復基調にあるが、利益水準は前年同期に比べマイナス状態にある。
 一方、通期の単独業績は増額修正した。売上高は従来予想の429億円から415億円(前年同期比9.2%減)に見直したが、営業利益は32億円から40億円(同16.8%減)、純利益は35億円から48億円(同26.1%増)に増額した。為替の円安による輸出採算性の向上が収益の押し上げ要因となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)