ウッドフレンズが小動き、第1四半期決算営業利益7.4倍と好決算も反応限定的

 ウッドフレンズ<8886.T>が小動き。8日の取引終了後に発表した、第1四半期(6~8月)連結決算で、売上高68億9400万円(前年同期比25.1%増)、営業利益2億700万円(同7.4倍)、純利益5100万円(前年同期6700万円の赤字)と大幅増益となったが、株価の反応は限定的だ。新設住宅着工戸数が堅調に推移するなか、積極的な販売活動と前期に行った商品開発体制整備の成果が表れ始めたことで住宅事業が売上高・利益を牽引したほか、ゴルフ場や公共施設の運営管理や施設管理を行うアセットマネジメント事業も順調に推移し業績向上に寄与した。
 なお、14年5月期通期業績予想は売上高305億5700万円(前期比9.4%増)、営業利益13億4300万円(同36.3%増)、純利益5億2600万円(同53.8%増)の従来予想を据え置いている。

ウッドフレンズの株価は9時57分現在20万600円(▼1400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)